今後ますます注目されることが予想される樹木葬

樹木葬と言う埋葬の形が人気を集めています。
亡くなった後に遺骨を海などに散骨することと似ていますが、散骨することとの最大の違いは樹木葬が墓地埋葬法に基づいて、墓地としての許可を得た場所に埋葬するということです。



通常のお墓のように墓地の区画を購入し、そこに墓石を建てて作るお墓とは異なり、墓石の代わりに花や樹木を植えてその元に遺骨を土葬するという埋葬の新しい形で自然葬のひとつです。

日本経済新聞を調べるならこのサイトです。

近年少子高齢化や核家族化が進んできて、家や墓に対する考えが一昔前とは大きく変わってきています。
自分が死んだ後に埋葬するためのお墓を建てても、その墓を守っていく役割をしてくれる承継者がいないという人は年々増えているといわれます。

東京の樹木葬情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

承継社外ない人の場合、墓を持ちたくても持つことができないというケースもありました。


樹木葬はたとえば独身の人や子供にいない人で後々お墓を守ってくれる承継者がいなくても購入することができるところが人気の理由のひとつです。

また、現在では核家族化が進んで親は親、子は子と言う考え方が浸透していることもあり、例え自分に子供や孫がいても後々お墓の管理の事で負担をかけたくないと考える人は増えていることから、樹木葬と言う形を選ぶ人が多くなっているとも言われています。

かつてのように家と言うものに対する意識が希薄になっているため、例え先祖代々のお墓があるとしても、自分が死んだ後にそこにはいることに抵抗を感じる人もおり、今後もますます樹木葬への注目度が高まることが予想されます。

Copyright (C) 2016 今後ますます注目されることが予想される樹木葬 All Rights Reserved.