自然葬は遺灰を海や山の自然に還す葬送の方法です

自然葬は、ご遺灰をお墓ではなく海に撒いたり、山などに直接埋めることによって、自然に還す葬送の方法のことを指します。

我が国の古代においては遺体や遺灰を散骨や風葬、鳥葬、水葬などの葬送方法で海や山の自然に還すのが主流でしたし、世界の各地で行われていました。

しかし、江戸時代中期以降になると、徐々にお墓を建てるようになり、特に1948年に制定された「墓地埋葬法」の規定や刑法の「遺骨遺棄罪」もあったため、戦後になると散骨は一般的には違法と解釈されてきました。



ところが、近年の核家族化や少子高齢化、急激な都市化などの社会的要因によって、墓石を使う家系を重んじた「先祖代々の墓」を維持管理する後継者がいないという人が急増してきました。

NAVERまとめの情報を多数ご用意したサイトです。

また、費用が比較的安く済み、子供や孫などの子孫に「墓守り」という迷惑を掛けないで自然に還ることができる自然葬を望む風潮もあって、先ず始まったのが海への散骨で、これは1991年に当時の厚生省、法務省から認められています。



さらに、骨壷を使わずに直接土中へ遺骨を埋葬する樹木葬も始まりましたが、土に勝手に遺骨を埋めてしまうことは「墓地埋葬法」で禁止されていますから、樹木葬にできるのは墓地として認定されている場所に限られます。

なお、自然葬については、故人の「自然に還りたい」というの願いを叶えるために登場した海への散骨といったタイプと、環境を守るため墓地に人工物を置かずに里山を保護しよう、という理念から生まれた樹木葬に代表されるタイプがありますが、近年の我が国の「自然葬ブーム」の背景はその両面を持っていると言えるでしょう。


Copyright (C) 2016 自然葬は遺灰を海や山の自然に還す葬送の方法です All Rights Reserved.