ここ数十年で増えてきた永代供養について

 昔から、お墓は長男が継ぐものとされ、長い間それが慣習として続けられています。

しかし、核家族化や少子化が進むにつれ、お墓を継ぐ者がいなくなってきました。

それに伴って、お寺あるいは霊園が、永代に渡りお墓の管理や供養をしてくれる方法を永代供養といいます。

NAVERまとめに関する情報をすばやく探せます。

社会的な必要性から不可欠なものになっています。
永代供養といってもその中身は、お寺や霊園によってまちまちです。
納骨堂、供養塔、位牌壇などがあるのはまだしも、無縁仏の供養墓として葬られる例もあり、また、他の人の遺骨と混ぜてしまうところも多く、利用者の思いと違うところもあります。

マンションのようにロッカーなどにスペースを区切っているところはともかくも、他人の遺骨と混ぜてしまうところなどでは、考えの違う親戚間で争いになる場合もあります。

永代供養の墓の造りや外観、環境などは一般の人でも見学できますが、永代に渡って供養してくれる保証が難しいところです。

通常の実態は、30年から50年程度でお寺や霊園と相談することができます。



宗派によっても違いますが、法事は50回忌までしかおこないませんので、この年数は妥当なところです。また、永代供養でない場合はお墓を継ぐ者がいなくなれば、いずれお墓は壊されて無縁物となってしまいますが、他人の遺骨と混ぜて供養するところでは、お寺や霊園の続く限り、文字通り永代に渡って供養されることになります。



お寺や霊園選びには紹介業者もあるようですが、お寺と話し合い見学するとともに親戚に理解してもらうのが大切です。


供養を業者任せにするのは問題の起きる原因となります。

Copyright (C) 2016 ここ数十年で増えてきた永代供養について All Rights Reserved.