様々な方法で行われる自然葬

これまで一般的に行われてきた墓地を使用しての故人への供養の他に、最近、広く知られているものに自然葬があります。

自然葬は、樹木葬などの場合には里山や公園などを使用して遺骨の埋葬を行う場合もありますが、多くは散骨によって行われるいことに大きな特徴があります。

OKWave情報は初心者にも分かりやすいです。

散骨は、これまでは法律上の問題を問われていたこともあり、行うには手続きなども含めて難しいと考えている人も多くいましたが、墓埋法では散骨に関しての規定は無く、ここでは倫理的な節度を持って行う場合には自由に散骨ができるようになっています。

ただし、遺骨を粉砕して勝手に散骨をすることはトラブルの原因にもつながる場合もあり、行う場合には葬儀社などへの依頼が安心して散骨ができ、また、故人に対しても丁寧な弔いをすることができます。

散骨を行う自然葬の種類としては、まず、海上で行う海洋葬があります。
海洋葬は合同で行う方法と個人的に船をチャーターして行う方法があり、合同で行う場合などでは遺族が乗船できない場合もあるために、事前によく内容を確認してから依頼をする必要があります。

次に樹木葬があります。



樹木葬は遺骨を埋葬して行う場合と、遺骨をまいてその中心に植樹をする場合との2つの方法があり、この場合、散骨では墓地の場合に必要となる埋葬許可証は不要となります。
自然葬では、それぞれの葬儀社や代行業者が独自の散骨方法を打ち出しているところも多く、中には、宇宙葬やヘリコプターで山にまく方法を提供しているところもあります。




Copyright (C) 2016 様々な方法で行われる自然葬 All Rights Reserved.