散骨を考える前に知っておきたいルール

新しい埋葬の形として、自然葬、樹木葬や散骨を選ばれる方が増えています。

後継者問題や墓じまいの問題との兼ね合いもあり、御自身でそのような最後を希望される方もいらっしゃいます。


散骨はコストが安い事とお墓が要らない事が大きなメリットではありますが、行う為にはきちんとしたルールに基づいて正しい方法で行わなければならないので注意しましょう。

まずお骨の粉骨に関してです。

形が残っているままで自然に撒いてしまうと、発見された時に事件性ありと判断されて大変な事になるので必ずパウダー上まで粉骨する必要があります。
とはいえ残されたご家族で大事な方のお骨を砕く作業は精神的にも大変辛いものですから、専門の業者に依頼する事になります。

次に散骨するための場所ですが、自治体によっては許可を出せないところもあるので、必ずしも希望の場所で行えるとは限りません。

また、代行業者に任せると不安も残ります。ご遺族自身の手によって散骨される方が確実でしょう。


思い出のリゾート地で行いたいという方も多いのですが、船に乗る際に喪服でお骨を持って乗り込むと地元の方とトラブルになるケースもあるようです。
節度のある範囲というのが大事ですので、周辺環境への配慮も忘れない様にしましょう。

どんな人にもNAVERまとめが気になる方はこちらへご来訪下さい。

一番大事な事は親戚一同の理解を得る事です。



ご本人の希望でも、ご親戚の中には反対なさる方もいらっしゃるかも知れません。



出来れば生前に、書面などで意志を残しておかれるなど、前もって準備ができていることが望ましいです。


Copyright (C) 2016 散骨を考える前に知っておきたいルール All Rights Reserved.